2019.08.09更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が、日本弁理士会関東会主催の研修会において講師をつとめます。

 

【演題・内容】

 「知財訴訟をとりまく最近の傾向とその対策」

 

 今回の研修では、知財訴訟における最近の判例と傾向について、弁理士が知っておくべき最新の知識を弁理士出身の弁護士小林幸夫先生にご講演いただきます。

 以下のような内容を予定しております。

1.知財訴訟(侵害訴訟+審決取消訴訟)の件数減少傾向が止まらない。
  令和元年:特許法改正による査察制度導入の効果は期待できるのか。
2.今年10月から運用される知財調停制度(3回の審理のみ)の概要と利用方法
3.マキサカルシトール最高裁判決が特許権侵害訴訟の均等侵害に与えたインパクト
4.最新の東京地方裁判所知的財産部の審理方法
5.2021年から運用開始となる中目黒のビジネスコートで何が変わるのか。

 

 

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

 

【日時】令和元年9月28日(土)14:30~16:30(休憩なし)

 

【会場】高崎ワシントンホテルプラザ「若葉の間」 群馬県高崎市八島町70

    http://washington.jp/takasaki/access/

 

【申込】

 下記の各個別画面URLからお申し込みください(要ログイン)。
 <抽選申込開始>令和元年8月9日(金)
 <抽選>令和元年8月16日(金) 09:00
  ・抽選結果はメール等でご案内します(個別画面からも確認可)
  ・抽選後空席がある場合は先着順で受付けます
 <申込期限>講義開始まで

 https://jpaakenshu.jp/tss/?typeID=3&code=19B31701

 

【入場券・キャンセル・単位】

 <入場券>抽選結果通知メールまたは個別画面の「入場券」を印刷して、
      当日ご持参ください。
 <キャンセル>研修に参加できなくなった場合はすみやかに個別画面から
        キャンセル手続きをしてください(講義開始時刻まで)。
 <単位>継続研修単位として2.0単位が認定される予定です。
     遅刻(15分以上)・中座・早退の場合は単位が認められません。

 

【問合せ】事務局関東会

 TEL:03-3519-2751   E-MAIL:y.ohashi-jpaa@nifty.com

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop