2019.12.16更新

 私の顧問先の発明ラボックスで、知財訴訟費用保険の取扱いが始まりました。
 この知財訴訟費用保険、発明ラボックス会員の個人事業主のみ入れるものですが、わずか月2080円で500万円までの知財訴訟の弁護士・弁理士費用等を賄える上、原告側の弁護士・弁理士費用等が出るというかなり珍しいものです(値段は高くなりますが、企業向けの保険も原告側の弁護士・弁理士費用等が出ます)。
 発明ラボックスの松本社長によれば、個人発明家が特許を取得しても特許権侵害訴訟の弁護士・弁理士費用が捻出できずに泣き寝入りするケースも多いそうです。
 この知財訴訟費用保険が、知財業界を盛り上げる起爆剤になってくれればいいなと思います。

(河部)

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

ページトップへ
PageTop