2015.06.16更新

1 知財だけではありません

 こんにちは、河部です。今回は、弊所で扱う法律問題が、特許案件や商標案件に限られないというところをお伝えしたいと思います。

 だいぶ前になりますが、私がPodcastで聴いているラジオ番組の中で、ぼったくりキャバクラの問題が取り上げられ、弁護士の先生も出演していました。ぼったくりキャバクラで支払いを拒否したらお店で強制的に労働させられたというような事件が、ぼったくり店をテーマとした理由だったと思います。

 

2 夜の歌舞伎町交番前…

 私も一度だけ、この手の事案を経験したことがあります。交番前に行っても、警察は民事不介入を盾に動いてくれません。無理矢理帰ってしまえば形式的には無銭飲食、その形式を守るため店側はそれなりの金額を提示しない限り金銭を受け取ろうとしませんし、お客さん側の氏名・住所やら勤務先やらを知らなければこちらは泣き寝入りになるから帰せない(お客さん側からすれば、怖いですよね…)等々と粘ってきます。

 かなりの時間を使い、交渉をするというよりは調停人として両者の間に入るような形をとって、半額程度の金額を支払うことで合意しました(ある程度支払うのも仕方ないなという事情もあったので。)。

 

3 真の解決策

 私のような解決方法が正しかったのかは分かりませんし、ラジオに出演していた先生も、この手の事案について最良の解決方法が何なのかは分からないとおっしゃっていました。

 ぼったくり店が無銭飲食云々で警察を使うことも考え難く、連絡先を置いて強引に振り切るというのも手なのでしょうが、振り切り方を間違えて暴行云々の問題に発展する可能性も否定できませんし、お客さん側からすれば金銭自体より問題を引きずったままでいることの心理的な負担の方が辛いのではないかと思います。

 実際に行ってみれば分かることですが、深夜の歌舞伎町交番前は、ぼったくり店対お客さんの攻防であふれています。本当は立法なり行政なりで対策すべきなのでしょうが、確実な対処法が見つかっていない現在のところ、安易にキャッチについていかないというのが個人にできる最大の防衛策でしょうか。

 歌舞伎町の猥雑な感じは魅力的ではありますが(私も歌舞伎町ど真ん中の新宿FACEでちょこちょこ格闘技の試合を観戦し、その後飲みに行ったりしています。)、皆様、くれぐれもお気をつけて。                        (河部)

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.16更新

1 知財だけではありません

 こんにちは、河部です。今回は、弊所で扱う法律問題が、特許案件や商標案件に限られないというところをお伝えしたいと思います。

 だいぶ前になりますが、私がPodcastで聴いているラジオ番組の中で、ぼったくりキャバクラの問題が取り上げられ、弁護士の先生も出演していました。ぼったくりキャバクラで支払いを拒否したらお店で強制的に労働させられたというような事件が、ぼったくり店をテーマとした理由だったと思います。

 

2 夜の歌舞伎町交番前…

 私も一度だけ、この手の事案を経験したことがあります。交番前に行っても、警察は民事不介入を盾に動いてくれません。無理矢理帰ってしまえば形式的には無銭飲食、その形式を守るため店側はそれなりの金額を提示しない限り金銭を受け取ろうとしませんし、お客さん側の氏名・住所やら勤務先やらを知らなければこちらは泣き寝入りになるから帰せない(お客さん側からすれば、怖いですよね…)等々と粘ってきます。

 かなりの時間を使い、交渉をするというよりは調停人として両者の間に入るような形をとって、半額程度の金額を支払うことで合意しました(ある程度支払うのも仕方ないなという事情もあったので。)。

 

3 真の解決策

 私のような解決方法が正しかったのかは分かりませんし、ラジオに出演していた先生も、この手の事案について最良の解決方法が何なのかは分からないとおっしゃっていました。

 ぼったくり店が無銭飲食云々で警察を使うことも考え難く、連絡先を置いて強引に振り切るというのも手なのでしょうが、振り切り方を間違えて暴行云々の問題に発展する可能性も否定できませんし、お客さん側からすれば金銭自体より問題を引きずったままでいることの心理的な負担の方が辛いのではないかと思います。

 実際に行ってみれば分かることですが、深夜の歌舞伎町交番前は、ぼったくり店対お客さんの攻防であふれています。本当は立法なり行政なりで対策すべきなのでしょうが、確実な対処法が見つかっていない現在のところ、安易にキャッチについていかないというのが個人にできる最大の防衛策でしょうか。

 歌舞伎町の猥雑な感じは魅力的ではありますが(私も歌舞伎町ど真ん中の新宿FACEでちょこちょこ格闘技の試合を観戦し、その後飲みに行ったりしています。)、皆様、くれぐれもお気をつけて。                        (河部)

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.10更新

 弊所では、知的財産権に関する訴訟のご依頼をいただくことが多いので、今日は物理的な側面における知財訴訟と一般民事訴訟との違いをご紹介したいと思います。

 

① 提出する書類

 訴訟において提出する書面は大きく分けて3種類あります。

 ・主張書面(訴状、答弁書や準備書面)

 ・証拠説明書(提出する書証の立証趣旨やその詳細を記載したもの)

 ・書証(いわゆる証拠です。)

 通常の訴訟においては、上記各書面を裁判所提出用の「正本」、相手方当事者提出用の「副本」を提出し、ご依頼者様及び弊所保管用の「控」を作成します。

 その際、正本は1通、副本は当事者の人数分(当事者が複数でも代理人が1名であれば1通でよい)、控はご依頼者様と弊所保管用で2通の最低4通を用意することとなるのが通常です。

 しかし、知的財産権訴訟となるとこれらの通数に加え「写」が4通必要となります(案件によっては2通または3通の場合もあります。)。もちろん、当事者の数が増えれば、その分副本の部数が増えるので、多いときには同内容の書面を10通ずつ用意するなどということも珍しくありません。

 また、弊所ではほとんどの案件で知的財産法や技術の専門家である弁理士の先生と共同で事件を担当するため、弁理士先生用の控えが必要になります。さらに、知財を専門としていない他の事務所の弁護士の先生と共同で受任することもあり、この場合にはさらにもう1部控えが増えます。

 

② 事務局もコピー機も大変です

 同内容の書面を何部も用意するのは、簡単なようでなかなか骨の折れる作業です。正本や副本は片面コピーで提出する必要があるため(裁判所の決まりです。)、使用する紙の量も尋常ではありません。知財訴訟の主張書面は多いものでは100頁を超えることもあり、証拠も大量です。これを10部用意するとなると、主張書面だけでも1000枚以上の紙を消費することになります。

 一番つらいのはコピー機で、弊所では最新鋭の複合機を使用していますが、それでも悲鳴とも泣き声ともつかない機械音がすることがしばしば…春闘の季節は過ぎましたが、そろそろストライキされるのではと心配です。

 

③ 提出も大変

 カラー印刷を使うことも多いですし、大量の書類をファックスだけしておしまいというわけにはいきませんので、裁判所にも相手方弁護士の事務所にも、きちんと印刷したクリーンコピーをお届けします。裁判所には直接書類を持ち込みますので、事務局は大量の書類を抱えて移動することになります。大量の紙というのは結構重いものですよね。

 さらに、主張書面のワードデータを裁判所に提出する必要があるなど、知財訴訟には通常訴訟と異なる手間がかかります。

 

④ 裏方の活躍があってこそ

 弊所の事務局は、いつもにこやかに(?)お茶を出していますが、いざバックヤードに回れば、印刷に提出にと奔走しています。こういった地味な部分で裏方として時間と労力をかけておぜん立てをしてくれなければ、知財訴訟は闘えません。

 知財訴訟は一般事件に比べるとどうしても実費がかさんでしまいがちですが、その裏側にはこんな事情があるのです。                   (弓削田)

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.10更新

 弊所では、知的財産権に関する訴訟のご依頼をいただくことが多いので、今日は物理的な側面における知財訴訟と一般民事訴訟との違いをご紹介したいと思います。

 

① 提出する書類

 訴訟において提出する書面は大きく分けて3種類あります。

 ・主張書面(訴状、答弁書や準備書面)

 ・証拠説明書(提出する書証の立証趣旨やその詳細を記載したもの)

 ・書証(いわゆる証拠です。)

 通常の訴訟においては、上記各書面を裁判所提出用の「正本」、相手方当事者提出用の「副本」を提出し、ご依頼者様及び弊所保管用の「控」を作成します。

 その際、正本は1通、副本は当事者の人数分(当事者が複数でも代理人が1名であれば1通でよい)、控はご依頼者様と弊所保管用で2通の最低4通を用意することとなるのが通常です。

 しかし、知的財産権訴訟となるとこれらの通数に加え「写」が4通必要となります(案件によっては2通または3通の場合もあります。)。もちろん、当事者の数が増えれば、その分副本の部数が増えるので、多いときには同内容の書面を10通ずつ用意するなどということも珍しくありません。

 また、弊所ではほとんどの案件で知的財産法や技術の専門家である弁理士の先生と共同で事件を担当するため、弁理士先生用の控えが必要になります。さらに、知財を専門としていない他の事務所の弁護士の先生と共同で受任することもあり、この場合にはさらにもう1部控えが増えます。

 

② 事務局もコピー機も大変です

 同内容の書面を何部も用意するのは、簡単なようでなかなか骨の折れる作業です。正本や副本は片面コピーで提出する必要があるため(裁判所の決まりです。)、使用する紙の量も尋常ではありません。知財訴訟の主張書面は多いものでは100頁を超えることもあり、証拠も大量です。これを10部用意するとなると、主張書面だけでも1000枚以上の紙を消費することになります。

 一番つらいのはコピー機で、弊所では最新鋭の複合機を使用していますが、それでも悲鳴とも泣き声ともつかない機械音がすることがしばしば…春闘の季節は過ぎましたが、そろそろストライキされるのではと心配です。

 

③ 提出も大変

 カラー印刷を使うことも多いですし、大量の書類をファックスだけしておしまいというわけにはいきませんので、裁判所にも相手方弁護士の事務所にも、きちんと印刷したクリーンコピーをお届けします。裁判所には直接書類を持ち込みますので、事務局は大量の書類を抱えて移動することになります。大量の紙というのは結構重いものですよね。

 さらに、主張書面のワードデータを裁判所に提出する必要があるなど、知財訴訟には通常訴訟と異なる手間がかかります。

 

④ 裏方の活躍があってこそ

 弊所の事務局は、いつもにこやかに(?)お茶を出していますが、いざバックヤードに回れば、印刷に提出にと奔走しています。こういった地味な部分で裏方として時間と労力をかけておぜん立てをしてくれなければ、知財訴訟は闘えません。

 知財訴訟は一般事件に比べるとどうしても実費がかさんでしまいがちですが、その裏側にはこんな事情があるのです。                   (弓削田)

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.09更新

1 全員電話に取り付けています

 こんにちは、河部です。今回は、弁護士業務に必須のICレコーダーについて。

弊所の弁護士の固定電話には、電話の内容を録音できるよう、ICレコーダーと通話録音アダプターが取り付けられています。

 こんな感じです↓

IC

 これは、問題のある相手方との通話内容を録音できるようにするため。普段から使うというわけではありませんが、念のため全員の電話に取り付けています。弓削田弁護士は民事介入暴力を専門分野の一つに掲げていますし、使わなければならない時期がいつ来るかは分かりませんからね。

 もちろん、依頼者様との会話を録音しているなんてことはありませんので、その点はご安心ください。

 

2 外で活躍する場合も

 訴訟や審判で、相手方が裁判所からの書類を受け取ろうとしない場合、裁判所からは、本当に相手方がその住所にいるのか、調べてこいと指示が出ます。表札に名前が出ているか調べたり、マンションであれば管理人さんに話を聞いてみたりするのですが、相手方は交渉段階で我々弁護士の名前を知っていますし、弊所の場合HPを見れば顔だって分かります。裁判沙汰になるような案件ですから、相手方は当然我々を目の敵にしているわけで、居るかどうか確認してこいって、結構無茶な要求だと思うのですが…鉢合わせでもしたらどうしましょう(^_^;)

 そんなときに活躍するのが、ICレコーダー。鉢合わせしてトラブルになった場合のことを考え、相手方の家に近づく前に録音ボタンを押しておきます。弁護士たる者、自分の身は自分で守らねばなりません。                   (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.09更新

1 全員電話に取り付けています

 こんにちは、河部です。今回は、弁護士業務に必須のICレコーダーについて。

弊所の弁護士の固定電話には、電話の内容を録音できるよう、ICレコーダーと通話録音アダプターが取り付けられています。

 こんな感じです↓

IC

 これは、問題のある相手方との通話内容を録音できるようにするため。普段から使うというわけではありませんが、念のため全員の電話に取り付けています。弓削田弁護士は民事介入暴力を専門分野の一つに掲げていますし、使わなければならない時期がいつ来るかは分かりませんからね。

 もちろん、依頼者様との会話を録音しているなんてことはありませんので、その点はご安心ください。

 

2 外で活躍する場合も

 訴訟や審判で、相手方が裁判所からの書類を受け取ろうとしない場合、裁判所からは、本当に相手方がその住所にいるのか、調べてこいと指示が出ます。表札に名前が出ているか調べたり、マンションであれば管理人さんに話を聞いてみたりするのですが、相手方は交渉段階で我々弁護士の名前を知っていますし、弊所の場合HPを見れば顔だって分かります。裁判沙汰になるような案件ですから、相手方は当然我々を目の敵にしているわけで、居るかどうか確認してこいって、結構無茶な要求だと思うのですが…鉢合わせでもしたらどうしましょう(^_^;)

 そんなときに活躍するのが、ICレコーダー。鉢合わせしてトラブルになった場合のことを考え、相手方の家に近づく前に録音ボタンを押しておきます。弁護士たる者、自分の身は自分で守らねばなりません。                   (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2015.06.05更新

1 小林弁護士こだわりのファイル

 こんにちは、河部です。弁護士業務の本筋とは関係ないかもしれませんが、今回は、小林弁護士こだわりの事件記録保存用ファイルについて。

 我々弁護士は、日々大量の書類(特に特許訴訟はとんでもない量です。)に目を通すため、事件記録一式をファイルにまとめて閉じます。そうでない法律事務所があると聞いたことがありますが、一体どうやって仕事をしているんでしょう…

 

 裁判所などで相手方弁護士の先生のファイルを見ていると、一番多いのがこれ

 ↓

 file1

 

 知財事件のように資料が膨大な場合に、こちらのファイルを使う先生も多いようです

 ↓

 file2

 

 そして、我が小林・弓削田法律事務所はというと、これを使っています

 ↓

file3

 これは、裁判所が使っているものと同タイプのもので、透明で表紙部分に紙を差し込めるようになっています。弊所の場合は、このように事件関係の情報をすぐに把握できるように以下のような表紙を作成して差し込んでいます。

jikennbyoushi 

 裁判所や相手方代理人の先生に連絡を取るとき、どこの部に係属しているか確認するとき(東京地裁は民事部が50部もあり、たくさん訴訟を担当していると分からなくなることがよくあります。)など、表紙を見ればすぐにわかるので便利です。

 このファイルは小林弁護士のこだわりで、小林弁護士が独立以来ずっと使っているものだそうです。私も、裁判所と同じものを使っていた方が裁判官の心証が読めるような気がして、非常に気に入っています。間違いなく気のせいですけどね(笑)

 

2 巨大ファイルは何処に…

 知財事件の事件記録は膨大で、弊所でも事務所の控えは両面印刷にする(裁判所への提出書類は両面が認められていません。)などして何とかファイルを薄くしようと努力しているのですが、どうしても何分冊にもなってしまいます。

 裁判所、特に知財部では、弊所で使っているのよりも分厚いファイルを見かけます。背表紙部分の材質が硬そうで、ファイルを棚にしまうのにも良さそうなので是非とも入手したいのですが、入手方法が分かりません。あれはどこで手に入るのでしょうか?知っている方がいれば教えていただきたいです。

 

3 こんなところまで裁判所様式に

 裁判所では、ファイルの背表紙にオレンジ色の紙を使っているのですが、最近あれは手に入らないのかと思いつきで言ったところ、弊所の優秀な事務局がすぐさま探し出してくれました。

 sebyousi

 

 これで一段と裁判所様式に近づき、1人で勝手に喜んでいます(^^)    (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

ページトップへ
PageTop