2016.06.21更新

  以前のブログで、初版発行が昭和33年の鉱業法基本書をご紹介したことがありました。今回は、著作権法です。

 特許法や著作権法は権利が発生した時期の法律が適用されるため、次々と改正される知的財産法分野では、しばしば改正前の旧法にあたらねばならないことがあります。特に著作権法は、死後50年(著作権法51条2項)、映画の著作権に至っては70年(著作権法54条1項)と存続期間が長いため、おそろしく古い旧法にあたらなければならないことがあります。

 少し前のご相談で、私が生まれるよりはるか昔に創作された著作物が問題となったため、当時の著作権法を調査する必要が生じました。普段は1割引きの至誠堂書店様にお世話になります(以前のブログをご覧ください。)が、こんなときはアマゾンが便利です。

 

 1週間もせずに届いた著作権法は、こんな感じです↓

 patent

 

 昭和53年3月20日再版第5版発行、鉱業法ほどではないにしろ、なかなかのものです。

 kougyou

 

 鉱業法と並べると、こうなります↓

 conpete  

  博物館に展示されている古文書を思わせるような紙の色ですが、一応実際のご相談で使用する現役の基本書です(^_^;)                                                          (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.06.21更新

  以前のブログで、初版発行が昭和33年の鉱業法基本書をご紹介したことがありました。今回は、著作権法です。

 特許法や著作権法は権利が発生した時期の法律が適用されるため、次々と改正される知的財産法分野では、しばしば改正前の旧法にあたらねばならないことがあります。特に著作権法は、死後50年(著作権法51条2項)、映画の著作権に至っては70年(著作権法54条1項)と存続期間が長いため、おそろしく古い旧法にあたらなければならないことがあります。

 少し前のご相談で、私が生まれるよりはるか昔に創作された著作物が問題となったため、当時の著作権法を調査する必要が生じました。普段は1割引きの至誠堂書店様にお世話になります(以前のブログをご覧ください。)が、こんなときはアマゾンが便利です。

 

 1週間もせずに届いた著作権法は、こんな感じです↓

 patent

 

 昭和53年3月20日再版第5版発行、鉱業法ほどではないにしろ、なかなかのものです。

 kougyou

 

 鉱業法と並べると、こうなります↓

 conpete  

  博物館に展示されている古文書を思わせるような紙の色ですが、一応実際のご相談で使用する現役の基本書です(^_^;)                                                          (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.06.07更新

1 特許訴訟と辞典合戦

 以前のブログで国語辞典に言及したことがありましたが、今回のブログでは、特許訴訟に必須の科学用語辞典を題材にしてみたいと思います。

 特許権侵害訴訟においては、特許法104条の2(被告は原告が侵害行為であると主張する行為の具体的態様を明らかにしなければならないとするもの。)の存在もあって、事実関係に争いがあるというより、構成要件中の文言の意味解釈に争いがある場合が多いです。こういう場合、明細書の記載などから当該文言の意味を特定できる理屈を組み立てるだけでなく、自らに有利な記載のある辞書、辞典を引用しあうことがよくあります。

 

2 JIS工業用語大辞典の購入

 『新・注解特許法上巻』は、「明細書が当該技術分野の通常の学術的知識を持つ当業者を名宛人としているからには国語辞典における定義に拘泥することなく学術用語としての普通の意味を探求する解釈が正しいあり方である。その際、マグローヒル科学技術用語辞典あるいはJIS工業用語大辞典等の科学辞典類が参照されることが多い。」としています。

 『新・注解特許法』で例示されるほど知財業界で有名な辞典ですから、私も、入所してしばらくして大きな特許権侵害訴訟の第一起案を任されたときに、ちょうどJIS工業用語大辞典に出ていそうな用語の解釈が問題になっていたため、JIS工業用語大辞典を購入しました(ちなみに、マグローヒル科学技術用語辞典は小林弁護士のものを拝借しています。)。

sience

 

3 高かったかな…

 1年目から大きな特許訴訟を担当させてもらい、絶対に勝ちたいと意気込んでいた(今でもそうですが)から躊躇はありませんでしたが、駆け出し弁護士にとって、税別5万2000円は結構大きいですよね(^_^;)

 もちろん、実際に特許訴訟で役に立っているので、後悔はありません。それからも、科学用語辞典の買い増しは続いています。

                                                                                          (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.06.07更新

1 特許訴訟と辞典合戦

 以前のブログで国語辞典に言及したことがありましたが、今回のブログでは、特許訴訟に必須の科学用語辞典を題材にしてみたいと思います。

 特許権侵害訴訟においては、特許法104条の2(被告は原告が侵害行為であると主張する行為の具体的態様を明らかにしなければならないとするもの。)の存在もあって、事実関係に争いがあるというより、構成要件中の文言の意味解釈に争いがある場合が多いです。こういう場合、明細書の記載などから当該文言の意味を特定できる理屈を組み立てるだけでなく、自らに有利な記載のある辞書、辞典を引用しあうことがよくあります。

 

2 JIS工業用語大辞典の購入

 『新・注解特許法上巻』は、「明細書が当該技術分野の通常の学術的知識を持つ当業者を名宛人としているからには国語辞典における定義に拘泥することなく学術用語としての普通の意味を探求する解釈が正しいあり方である。その際、マグローヒル科学技術用語辞典あるいはJIS工業用語大辞典等の科学辞典類が参照されることが多い。」としています。

 『新・注解特許法』で例示されるほど知財業界で有名な辞典ですから、私も、入所してしばらくして大きな特許権侵害訴訟の第一起案を任されたときに、ちょうどJIS工業用語大辞典に出ていそうな用語の解釈が問題になっていたため、JIS工業用語大辞典を購入しました(ちなみに、マグローヒル科学技術用語辞典は小林弁護士のものを拝借しています。)。

sience

 

3 高かったかな…

 1年目から大きな特許訴訟を担当させてもらい、絶対に勝ちたいと意気込んでいた(今でもそうですが)から躊躇はありませんでしたが、駆け出し弁護士にとって、税別5万2000円は結構大きいですよね(^_^;)

 もちろん、実際に特許訴訟で役に立っているので、後悔はありません。それからも、科学用語辞典の買い増しは続いています。

                                                                                          (河部)

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

ページトップへ
PageTop