2018.07.06更新

 神田秀斗弁護士が「特許訴訟前交渉の勘所~交渉段階ですべきこと、すべきでないこと~」において、講師をつとめました。

 

【日時】平成30年7月5日(木)18:30~20:40

【会場】弁理士会館2階 2-AB会議室

【講師】弁護士 神田 秀斗

【内容】特許権者の企業等から、「当社の特許権を侵害する製品が販売されている!すぐに警告書を送付してほしい。」という依頼や、警告をもらった被疑侵害者の企業等から、「先生!警告書をもらったのですが、うちの製品と特許発明とはここが違うから放置して大丈夫ですよね!」といった相談をうけたとき、どのような回答をしたらよいのでしょうか。特許権の訴訟前交渉については、特段「このようにしなければならない!」という決まった対応はなく、個々の紛争ごとに適切な対応を模索していかざるを得ないところに難しさがあります。
 本研修では、特許権侵害に関する警告書の作成・送付にあたってふと悩むポイント、警告書を受領した場合において、警告側になめられない対応ノウハウについて、仮想事例をもとに解説します。

 

2018.7.6

30.7.6

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.07.02更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が2018年アジア弁理士協会日韓合同意匠・商標会議(2018 APAA Japan-Korea Joint Meeting of Trademark & Design Committees)にて、発表者の一人として「フランク三浦対フランクミューラー」の審決と知財高裁判例の紹介のプレゼンテーションを行いました。

 

【日時】2018年6月30日(土)

【会場】大韓民国ソウル市プラザホテル22階

【内容】「フランク三浦対フランクミューラー」の審決と知財高裁判例の紹介

 

30.7.2

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.06.27更新

弊所所長小林弁護士が弁護士知財ネットで以下の講演を致しました。

【日時】平成30年6月26日(水)18:00~20:00

【会場】弁理士会館1002号

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

【内容】:① 英国知的財産企業裁判所(IPEC)、ドイツ連邦特許裁判所、イギリス弁

       理士会、フランス弁理士会、ドイツ弁理士会、欧州弁理士会、欧州特許

       庁を訪問し、日本の知財訴訟の特徴を紹介した内容について
     ② 英国知財訴訟のトライアル(法廷)見学記
     ③ ドイツ連邦特許裁判所の電子法廷見学記
     ④ 英語によるプレゼンテーションに必要な準備(ネイティブスピーカーの

       助言、パワーポイントの活用・リハーサルの方法)とプレゼンテーショ

       ンに必要なツールの紹介

2018.6.27

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.06.21更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が、日本弁理士会関東支部主催「不正競争防止法を中心とした知的財産の保護と弁理士の重要な役割」において、講師をつとめました。

【日時】平成30年6月20日(水)18:30~20:30

【会場】弁理士会館3階

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

 

30.6.21

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.06.18更新

 木村剛大弁護士が寄稿した「東大絵画廃棄と金魚電話ボックス撤去から考える
『アートと法律の関係』」が講談社「現代ビジネス」に掲載されました。

 以下のURLから記事をご覧いただけます。

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55951

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.06.11更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が「不正競争防止法を中心とした知的財産の保護と弁理士の重要な役割」において、講師をつとめました。

【日時】平成30年6月9日(土)14:00~16:00

【会場】ホテルメトロポリタン高崎6階会議室

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

 

30.6.11(1)

30.6.11

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.05.10更新

弊所所長小林弁護士が日本弁理士会関東支部主催研修会「不正競争防止法を中心とした知的財産の保護と弁理士の重要な役割」において講師をつとめます。

 

【日時】平成30年6月9日(土)14:00~16:00 (休憩なし)

【会場】ホテルメトロポリタン高崎6階会議室(群馬県高崎市八島町222)

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

【内容】

 不正競争防止法は、重要な法律ではあるが十分な理解ができているとは言えません。
 それは試験科目として勉強したことがない弁理士や試験科目として受験したが短答式試験の一部であって本格的に勉強したことがない弁理士がいるからではないでしょうか。
 また弁理士にとっては不正競争防止法の紛争事案についての実務を経験するチャンスはあまりないことも理由の一つです。従って、依頼者の不正競争防止法違反になるのか教えてほしいといわれた場合、どのような事実の確認をして、どのように回答したら良いのか悩むことがあります。
 また、意匠・商標の類否判断と不正競争防止法2条1項1号の類否判断に違いがあるのかという質問に即答できるでしょうか。なかなか難しいと思われます。
 そこで、弁理士として知っておくべき不正競争防止法の知識を習得し、これを中心とした知的財産保護全体の実務を学ぶため今回の研修を企画しました。


 なお、当講義は、日本弁理士会関東支部主催で平成30年2月19日に霞ヶ関ビルプラザホール(東京都千代田区)で行った内容とほぼ同一内容です。

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.04.18更新

 木村剛大弁護士が共著者、法律監修として参加予定の「クリエイターが知っておくべき『権利』の本(仮題)」(ボーンデジタル、2018)のアマゾンでの予約が開始されました。

 以下のURLから詳細をご覧いただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4862464149

 

著者:大串 肇(mgn代表:Webサイト制作、運用コンサルティング)

   北村 崇(TIMING DESIGN代表:Webディレクション、Webデザイン)
   染谷 昌利(オンラインコミュニティ「ギガ盛りブログ飯」運営:書籍執筆・プロデ

        ュース)

   木村 剛大(弁護士)
   古賀 海人(キテレツ代表:グラフィックデザイン、 クリエイティブ・ディレクシ

        ョン、オープンソースソフトウェア開発)

   齋木 弘樹(フロントエンド開発)
   角田 綾佳(spicagraph:Webデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーシ

        ョン)

 

編集:小関匡

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.02.27更新

 木村剛大弁護士が次のセミナーを開催いたします。

 

<ART LAWセミナー>「アート×テクノロジー:新たな表現と変容する法の枠組み」

【日 時】2018年3月29日(木)19:00~20:15

     ※終了後、簡単な懇親会を所内で開催予定です。

【会 場】小林・弓削田法律事務所

     (東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口徒歩1分)

【参加費】無料

【定 員】先着10名様

 

 今回のセミナーでは、「アート×テクノロジー:新たな表現と変容する法の枠組み」と題して、ランダム・インターナショナル、チーム・ラボ、ダニエル・ロジン、バーンドノート・スミルデといったこの分野で活躍しているアーティスト作品を素材として、新しい表現に対する法の枠組みについてご紹介します。

 

 堅苦しいセミナーではなく、アート×テクノロジー分野に関心のあるみなさまと広く意見交換、コミュニケーションできる場を設けたいという考えでの企画ですので、お気軽にご参加いただければ幸いです。

 

 みなさまとお会いできることを楽しみにしております。

 

 参加をご希望の方は以下のURLからお申込みいただくか、

又はkimura@yu-kobalaw.comまでご連絡ください。

http://www.kokuchpro.com/event/e9db1b157b9e5a3f7759b874a0669cef/

 

 

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.02.20更新

弊所所長小林幸夫弁護士が「不正競争防止法を中心とした知的財産の保護と弁理士の重要な役割!」において講師をつとめました。

 

【日時】平成30年2日19日(月)18:30~20:40

【場所】霞ヶ関ビルプラザホール

【内容】不正競争防止法を中心とした知的財産の保護と弁理士の重要な役割

2018.2.19

2018.2.19

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop