2019.07.09更新

 弊所所長の小林幸夫弁護士が、弁理士制度120周年記念式典において、日本弁理士会から特別功労者として表彰されました。

 

1.7.9

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.07.08更新

 木村剛大弁護士が担当するシリーズ「アートと法/Art Law」の第1回「現代美術のオリジナリティとは何か?著作権法から見た『レディメイド』①」がウェブ版美術手帖に掲載されました。

 

 以下のURLから記事をご覧いただけます。
 https://bijutsutecho.com/magazine/series/s22/20046

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.06.25更新

 木村剛大弁護士が<コモンズサカエ大学>開講記念セミナーに講師として参加いたします。

 

コモンズサカエ大学(https://cm-s.net/)

【講演内容】「新しい世界を切り開く~Art Lawを日本へ~」

【日 時】2019年7月27日(土)18:00 - 19:30

【会 場】S.Core (愛知県名古屋市中区栄3-30-28 岩田サカエビル5F)

【参加費】一般2000円、S.core会員1800円

 

 以下のURLからお申し込みいただけます。名古屋方面にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

https://www.kokuchpro.com/event/1907271/

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.05.08更新

 木村剛大弁護士がコンテンツドットナゴヤ2019にセッションスピーカーとして参加いたします。

 

【セッション内容】「ウェブクリエイターのための著作権と契約のポイント」

【日 時】2019年7月13日(土)

【会 場】名古屋国際センタービル3F、4F、5F

【参加費】無料

 以下のURLからお申し込みいただけます。名古屋方面にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 https://contents.nagoya/

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.03.28更新

 木村剛大弁護士が共著者、法律監修として参加した「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」(ボーンデジタル、2018)の一部がWeb担当者Forumで公開されています。

 

 

・クリエイターが知っておきたい「著作権」とは?
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/02/20/31765

 

・有名な建造物の写真を撮影して、素材として使いたい。これって許可が必要?
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/02/27/31766

 

・商用フォントを使ったロゴやタイトルの著作権はどうなるの?
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/03/06/31767

 

・有名なキャッチコピー・キャッチフレーズには「著作権」がないから、勝手に使っていいの?
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/03/13/31768

 

・引用のどの程度ならOK? 引用の5条件を理解して、正しく使おう!
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/03/20/31769

 

・コンペで採用されなかったデザインが勝手に使われた! これって料金請求できるの?
 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/03/27/31770

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.03.01更新

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.01.30更新

 弊所所長小林弁護士が、日本弁理士会四国支部主催「知財侵害訴訟の最新実務と最新DBの紹介」において、講師をつとめました。

 

【日時】平成31年1月26日

【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫

【内容】知財(主として特許)訴訟の最新の実務等

2019.1.26

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2019.01.16更新

 木村剛大弁護士が共著者として執筆した「台湾知的財産制度の現地調査の概要報告(日弁連知的財産センター・弁護士知財ネット合同調査)」知財ぷりずむ2019年1月号(No.196)43頁(共著)が発行されました。

 以下のURLから論文をご覧いただけます。

 https://iplaw-net.com/japan-contents/chizaiprism201901_1.html

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.12.07更新

 弓削田博弁護士が日本弁理士会研修にて講師を務めました。

 

【日時】平成30年12月7日

【内容】「ピリミジン誘導体事件」知財高裁大合議判決にみる進歩性判断の論理

【講師】パートナー弁護士・弁理士 弓削田 博

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2018.12.05更新

 木村剛大弁護士が寄稿した「任天堂『マリオカート裁判とネットで大拡散したクッパ姫』を読み解く」が講談社「現代ビジネス」に掲載されました。

 

 以下のURLから記事をご覧いただけます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58701

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop