2014.11.29更新

 河部康弘弁護士が、平成26年11月29日(土)、Intercollege Negotiation Competition 第13回大会の審査員を務めました。

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2014.11.25更新

 小林幸夫弁護士が、南甲弁理士クラブが主催する以下の講演会にて司会・進行役を務めました。

 

【日時】 平成26年11月25日(火)18:30~20:30(受付:18:00~)

【場所】 弁理士会館 地下会議室

【内容】 「元知財裁判官・元調査官が見た特許権侵害訴訟・審決取消訴訟ここだけの話」

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2014.11.11更新

 所長弁護士・弁理士小林幸夫が平成26年11月5日に特許・情報フェア&コンファレンスにて「ここまでできる知財訴訟の資料収集-知財データベースの利用方法」という講演を行いました。

特許流通フェア1

特許流通フェア2

 受講された方から次のような感想をいただきました。

 

■髙田兼臣様(株式会社ノルコーポレーション)
  初めて参加した特許流通フェアでの小林弁護士の講演は実に必見!でした。

 まず,特許侵害訴訟の仕組みが最新情報と豊富な経験をもとに話され、種々の無料のDBがあることをその場でネット接続しながら解説されました。

 先生のコンパクトで迫力のある話は、驚きとへえ~の連続であっという間でした。そして、ここで紹介されたDBはすぐに使えて有益で、知ると知らないとでは大違いのものばかりでした。中でも、「他人の過去のHP」「係争中の事件の記録」の資料収集方法には思わず唸ってしまいました。

 またこのような機会があれば聴講したい。自分も早速利用したい。会社の同僚にもこの情報を共有したい。そのように思える講演でした。ありがとうございました。

 

■辰巳電子工業株式会社 知的財産課  梶本泰生 様

 今回初めて小林先生の講演を受講させていただきました。先生の軽快でパワフルな語り口調もあってか、終始興味深く聞かせていただくことができました。

 今回の講演の内容は、特許侵害訴訟 を受けた際に使えるDBの紹介と、その情報の使い道についてでしたが、非常に有益な情報を得ることができたと思っております。

 DBで 調べられる情報については、先生が教えてくださった使い道に加えて、他にもいろいろできそうだな、と帰り道ではずっと考えていました。

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2014.11.11更新

 所長弁護士・弁理士小林幸夫が平成26年11月6日に南甲弁理士クラブ主催の知的財産実務研修会にて「弁理士のための最新版著作権法改正・超入門」という講演を弁理士会館にて行いました。

 

講演の様子1

講演の様子2

受講された方から次のような感想をいただきました。

■きさらぎ国際特許業務法人 弁理士 田村和彦先生 

 著作権は、弁理士の業務範囲に含まれてはいるものの、日頃担当することが少ないため、どうしても特許等に比べると勉強が疎かになりがちです。

 今回は、基礎から勉強させていただくつもりで受講させていただきました。

 著作権法は、旧来は芸術関連を対象としていたところ、時代の要請に合わせ、プログラム、インターネットなどに対応すべく、法改正が重ねられてきました。

 しかし、その法文構成はあまりにも複雑で、まるで本館、新館、別館と、増築に増築を重ねた老舗旅館のようです。

 法文を何度読んでいても、自分が今どこにいるのかさっぱり分らなくなってしまう、というのが正直なところでした。

 今回、先生の豊富な実務経験を例示しつつ講義していただいた結果、ようやく全体像が見渡せた気がします。著作権侵害訴訟と、他の知財侵害訴訟との違いについても、我々弁理士が勘違いしやすい部分を重点的に説明いただきました。

 小林先生の講義は何度か受講させていただいておりますが、重要な点を的確に強調していただけるのが素晴らしいと思います。

 

■南甲弁理士クラブ第1筆頭副幹事長 弁理士 藤沢昭太郎 氏

 先生の講義を受講させて頂くのは3回目で、今回も見やすくまとまっている資料と明快な説明のお蔭で、2時間最後まで集中力を切らさず聞くことができました。

 先生の講義では最初に小テストを受けます。ここで受講者は自分の疑問点や不明点を理解します。その後、小テストの回答という形式で先生が自身の経験談も織り交ぜながら講義を行います。そのため講義内容が頭に入りやすく、興味深く聞くことができます。

 今回の講義の内容では、著作権侵害訴訟では知的財産権訴訟と異なり、そもそも著作権の対象となる著作物なのかという「著作物性」と、原告が著作権者なのかという「帰属性」が一番問題となるという点が印象的でした。

 先生は弁理士になってから弁護士になった方ですので、我々弁理士の視点がよく分かるのではないかと思います。

 次回の研修も楽しみにしております。どうもありがとうございました。

 

■弁理士・管理栄養士 尾関 眞里子先生 アイワークス国際特許事務所

( http://www.i-works.biz/ ) 

 私は,小林先生の講習会の開催通知があるとすぐに申込みます。毎回とても楽しみだからです。

 その理由① 充実したレジュメ

 →聞き落した時も、後日の活用の際にも安心の、

 充実したレジュメをいただくことができます。研修会後も、何度も読み返して活用しています。特に「実務ポイント」欄からは、小林先生の長年のご経験に基づく的確なアドバイスがいただけます。図表、イラストが豊富でとてもわかりやすいです。

 

 その理由② 講義の導入小テスト 

 →講義の導入部で、テーマに関する問題を解いて、自分の知識の不明確な点を明確にしてから、先生のお話しをうかがうことができます。

 

 その理由③ テキストの音読 

 →講義の中で、小林先生のご指示により担当の方がテキスト中の重要点を読んでくださいます。内容の理解が深まります。

 

 その理由④ お勧めの本のご紹介

 →小林先生のお話をうかがい、更にもう一歩勉強したい人のために、たくさんの本をご紹介くださいます。たくさんの本があるため迷うことが多いのですが、ご紹介いただいた中から自分に必要な本を安心して選択することができます。

 

その理由⑤ ユーモアあふれる楽しいお話 

→小林先生の温かいお人柄が伝わるユーモアあふれるお話に時間を忘れます。小林先生の長年のご経験に基づく厳しい世界のお話も、あとを歩く私たちを導いて下さるという安心を感じます。

 

 次回の開催通知もとても楽しみです!

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop