2016.05.26更新

 弓削田博弁護士が、珠海市知的財産権局主催のセミナー(協力:横琴国际知识产权交易中心=横琴国際知的財産権取引センター、珠海賽納打印科技股=SEINE TECHNOLOGY、珠海日本商工会)において、講師及びパネリストを務めました。弓削田弁護士は、間接侵害と均等論の日中の違い及び日本の知財訴訟実務を題材に講演しました。

 セミナー当日の様子は、こちらのウェブサイトでご覧いただけます。

 

【日時】 平成28年5月17日(火) 14時00分~17時30分(現地時間)

【場所】 中華人民共和国珠海市内Catic Hotel 3階

【講師】 河野英仁(日本国弁理士)

     弓削田博(日本国弁護士)

     胡波  (曁南大学教授)

     陈发启 

            (珠海市中院知识产权庭庭长=珠海中級人民法院知的財産コート裁判長)

     刘延喜 (中国律師=中国弁護士)

     ※ 敬称略

【内容】 「中国と日本の知的財産権保護制度の対比」(全体)

     「日本特許実務紹介」(河野英仁)

     「日本訴訟制度紹介」(弓削田博)

     「中国特許訴訟制度」(胡波)

     「知的財産の司法的保護」(陈发启)

     「中国特許保護行政執行制度」(刘延喜)

junghai

     

※ 敬称略

※ 翻訳が間違っている可能性があります。ご了承ください。

 

 

 
 

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.05.26更新

 弓削田博弁護士が、珠海市知的財産権局主催のセミナー(協力:横琴国际知识产权交易中心=横琴国際知的財産権取引センター、珠海賽納打印科技股=SEINE TECHNOLOGY、珠海日本商工会)において、講師及びパネリストを務めました。弓削田弁護士は、間接侵害と均等論の日中の違い及び日本の知財訴訟実務を題材に講演しました。

 セミナー当日の様子は、こちらのウェブサイトでご覧いただけます。

 

【日時】 平成28年5月17日(火) 14時00分~17時30分(現地時間)

【場所】 中華人民共和国珠海市内Catic Hotel 3階

【講師】 河野英仁(日本国弁理士)

     弓削田博(日本国弁護士)

     胡波  (曁南大学教授)

     陈发启 

            (珠海市中院知识产权庭庭长=珠海中級人民法院知的財産コート裁判長)

     刘延喜 (中国律師=中国弁護士)

     ※ 敬称略

【内容】 「中国と日本の知的財産権保護制度の対比」(全体)

     「日本特許実務紹介」(河野英仁)

     「日本訴訟制度紹介」(弓削田博)

     「中国特許訴訟制度」(胡波)

     「知的財産の司法的保護」(陈发启)

     「中国特許保護行政執行制度」(刘延喜)

junghai

     

※ 敬称略

※ 翻訳が間違っている可能性があります。ご了承ください。

 

 

 
 

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.05.24更新

弊所所長小林幸夫弁護士が

【日本弁理士会関東支部】研修会「知的財産に関する訴訟関係(著作権侵害訴訟を中心に)」の講師を務めます。

 

●開催要項
<研修会>
【日時】平成28年6月11日(土)15:00~17:00
【場所】高崎駅前貸し会議室(高崎駅前プラザホテル2階)
群馬県高崎市通町4番地

http://www.t-kaigi.jp/accese.html

【定員】30名
※会場のスペースの関係上、机がなく椅子のみとなりますが、ご了解願います。

●研修内容
【講師】弁護士・弁理士 小林 幸夫 氏

【内容】
今回の研修では、知的財産訴訟の仕組みとりわけ著作権侵害訴訟を中心に行います。
弁理士が知っておくべき最低限の事項を、最近の著作権法の改正も含めて弁理士
出身の弁護士 小林幸夫先生にご講演いただきます。以下のような悩み・疑問を
もっておられる方は、是非ご参加いただき、悩み・疑問を解消してください。

1.知的財産訴訟の仕組み、特に著作権侵害訴訟の仕組みがわからない。
2.著作権侵害訴訟というのは、特許権侵害訴訟とどういう点で書面作成や審理
    が違うのか知りたい
3.著作権侵害の有無の相談を受けたらどういう点に注意して相談に臨むべきか
    知りたい。
4.著作権法が改正されたことは知っているが、具体的に知りたい
5.著作権法改正の書籍を買って読んだが、複雑で、弁理士業務との関係で知っ
    ておくべき事項がわからない。
6.TPPの条約と著作権法が関係して、存続期間が延長されるときいたけれど
どうなるのか知りたい

【申込方法】
以下のURLにアクセスのうえ、お申し込みください。

https://www.jpaa-members.jp/public_html/bin/detail.php?itemID=t000102451727


※電子フォーラムへのログインが必要です(ログインは30分で自動切断)
パスワード等が不明の場合→ http://www.jpaa.or.jp/?cat=782
スマートホン・タブレットからアクセスするとエラーとなる場合があります。
申込開始日はアクセスが集中するため接続エラー時は時間をおいてください。

<申込期間>平成28年5月23日(月)10:00~6月9日(木)正午(定員になり次第締切)

参加できなくなった場合は個別画面の「キャンセルボタン」か
ら必ずキャンセル手続きしてください。

※満席時にキャンセルがあった場合は残数が増加し申込を受け付けます。キャ
ンセル待ち機能はありませんので、随時ご確認ください。

●継続研修に関する事項
・本研修会は継続研修の単位として2単位が認定される予定です。
・遅刻(15分以上)、中座、早退があった場合には、単位が認められません
ので、ご注意ください。


<問合先>
日本弁理士会事務局 関東支部室 大橋様 TEL03-3519-2751

 

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop