2016.10.12更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が南甲弁理士クラブ主催知的財産実務研修会「最近の特許権侵害訴訟の傾向とその対策~ 特許庁の調査報告書を参考にしながら ~」において講師をつとめます。

 

※以下、講演案内より抜粋

講師 : 弁護士・弁理士 小林 幸夫 先生
日時 : 平成28年10月27日(木) PM6:30~8:30
(受付:PM6:00~)
会場 : 弁理士会館 地下会議室

 

 特許庁のHP において、極めて有益な特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書が数多く公表されています。

 その中の平成26 年度の「特許権等の紛争解決の実態に関する調査研究」や平成27 年度の「知財訴訟における諸問題に関する法制度面からの調査研究」は特許権侵害訴訟の最近の傾向を理解する上で大変参考に
なる統計やアンケートが掲載されています。ここで紹介された統計・調査を見ながら最近の傾向を知り、その対策を考えることは重要ではないでしょうか。

 本研修では、知的財産訴訟実務の経験が豊富な弁護士・弁理士の小林幸夫先生に、上記統計・調査の結果を参照しながら、特許権侵害訴訟の最近の手続き・流れや、訴訟件数の増減、仮処分の有効性、無効の抗弁と無効審判の関係、侵害訴訟と無効審判・審決取消訴訟の関係、判決や和解の傾向とその対策について説明して頂きます。

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

2016.10.06更新

 弊所所長小林幸夫弁護士が関東支部主催研修会「H28年版:弁理士のための知財契約書作成・チェック入門」において講師をつとめます。


●開催要項
第1回
【日時】平成28年11月8日(火)18:30~20:40
【場所】弁理士会館3階CDE会議室
【定員】100名

第2回
【日時】平成28年11月21日(月)18:30~20:40
【場所】弁理士会館3階CDE会議室
【定員】100名

(注)第1回、第2回は同じ内容になります。どちらか一方にお申込みください。

●研修内容
【内容】
「ちょっと特許ライセンス契約書をみてほしい」、「ちょっと商標権譲渡契約書を作成してほしい」、「ちょっと著作権ライセンス契約の助言がほしい」、「ちょっとノウハウの秘密保持契約書がこれでよいかみてほしい」

  このような知財契約書の作成・チェックの依頼に対して、弁理士はどう対応すればよいのでしょうか。「ちょっと」ってどういう趣旨なのでしょうか。それに対してどういう回答・対応を弁理士はとっておくべきなのでしょうか。そして、どのような責任が将来弁理士に降りかかってくるのでしょうか。そのような日々悩み苦しむ知財契約書に関する弁理士の悩みを、弁理士出身である弁護士の小林幸夫先生が明快に答えてくれます。ほぼ毎年やっていただいている講演ですが、今年も受講生の熱烈なリクエストに応えてお願い致しました。あっという間に予約が埋まってしまいますので、同一講義を2回、お願いしております。なお、ここだけの話を沢山講義していいただく関係上、eラーニングによる配信は行いません。是非、ライブで聴講下さい。

【講師】
弁護士・弁理士小林幸夫氏
 
<問合先>日本弁理士会事務局関東支部室花田・谷川
TEL:03-3519-2751 E-mail: kanto-kenshu@jpaa.or.jp

投稿者: 小林・弓削田法律事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

ページトップへ
PageTop