03-3568-8410受付時間:平日9:30〜18:00

PRACTICE AREAS業務案内

小林・弓削田法律事務所 > 業務案内 > 知的財産・ITテクノロジー > Art Law

Art Law―Art Lawの確立を目指して活動する弁護士がサポート

Art Lawは、美術業界にフォーカスし、様々な法律を横断的にカバーして、美術業界のプレイヤーにとって使いやすいように編集した法分野のことを指します。欧米では歴史がある分野ですが、日本ではArt Lawという分野自体が確立されておりません。

小林・弓削田法律事務所では、木村剛大弁護士がArt Lawを専門領域としており、アーティスト、アートギャラリー、アート系スタートアップ、キュレーター、アートコンサルタント、コレクター、アートプロジェクトに関わる各種企業にアドバイスを提供しています。

欧米ではArt Lawに関連する裁判例や文献が豊富にあるため、英語情報も含めた情報収集を行っており、契約書の作成の際も、海外の契約を参考にしながら、日本の実務や慣習やクライアントの要望に合わせてカスタマイズした契約書を作成することが可能です。

法律の枠組みだけではなく、美術史の文脈も考慮した上でのアドバイスを目指しております。

関連コラム

関連コラムの記事はまだありません。