弁護士費用

 

 以下の弁護士費用は全て税別の金額となります。なお、以下の金額はあくまで原則であり、事案の複雑さなどを考慮して案件ごとにこちらから見積もりを提示させていただき、最終的には貴社との協議によって決定します。

相談案件

 タイムチャージ制としており、以下のとおりです。

小林弁護士   5万円~
弓削田弁護士  5万円~
木村弁護士   3.5万円~
河部弁護士   3.5万円~
藤沼弁護士   3.5万円~
神田弁護士   3万円~
平田弁護士   3万円~
田仲弁護士   3万円~

知的財産権案件の場合

パートナー弁護士のタイムチャージ4万円~、アソシエイト弁護士2万5千円~としておりますが、相談により決定致します。

一般民事事件の場合

1時間あたり2万円~として受け付けております。

警告・交渉案件

 警告書作成前の相談料を含めて着手金が10万円~としており、紛争が解決した時点で得られた結果に応じた報酬金をいただいています。事務所単位の金額であり、関与した弁護士の数によって変動することはありません。

知的財産権案件の場合

原則として、警告書作成の相談料を含めて10万円~20万円としております。

一般民事事件の場合

原則として、警告書作成の相談料を含めて10万円としております。

訴訟案件

知的財産権案件の場合

 以下の計算式に基づいて計算した金額を基礎としています。なお、審決取消訴訟については、訴額が算定不能ゆえ160万円とされており、業務内容の実体にそぐわないため、案件ごとに協議させていただきます。

経済的利益の額着手金報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の部分
5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える部分 2%+369万円 4%+738万円

 例えば、1,000万円の訴額の場合の着手金は、59万円となります。
 知的財産権案件の場合、着手金の他に出廷料として、期日1回当たり5万円~10万円をいただきます。また、資料作成及びリハーサルに相当の時間を要するため、技術説明会が開催される期日の出廷料は30万円~とさせていただいております。
 上記は事務所単位の金額であり、関与した弁護士の数によって変動することはありません。

一般民事事件の場合

 上記表の計算式による金額のみで、出廷料は原則としていただきません。事務所単位の金額であり、関与した弁護士の数によって変動することはありません。

特許庁の審判手続きの手数料

 特許審判の着手金については50万円~、商標審判の着手金については30万円~としております。口頭審理についてのみの出頭・助言のみをすることもあり、この場合は20万円~としています。
 上記は事務所単位の金額であり、関与した弁護士の数によって変動することはありません。

ページトップへ
PageTop