弁護士費用

相談案件

知的財産権案件の場合

パートナー弁護士のタイムチャージ4万円~、アソシエイト弁護士2万5千円~としておりますが、相談により決定致します。

一般民事事件の場合

1時間あたり2万円~として受け付けております。

警告・交渉案件

知的財産権案件の場合

原則として、警告書作成の相談料を含めて10万円~20万円としております。

一般民事事件の場合

原則として、警告書作成の相談料を含めて10万円としております。

訴訟案件

知的財産権案件の場合

着手金については、訴額の多寡及び複雑な事案によりますが、原則としては、以下の計算式に基づいて計算した金額を基礎とし、協議によって決定致します。

経済的利益の額着手金報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の部分
5% 10%
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

例えば、1,000万円の訴額の場合の着手金は、59万円となります。
着手金の他に知的財産権案件の訴訟事件の場合は、出廷料として5万円~10万円を頂きます。  

一般民事事件の場合

上記の計算式による金額のみ。出廷料は原則としていただきません。 受任前に見積書を提示し、受任時には手数料契約書を締結致します。

特許庁の審判手続きの手数料

審判についても侵害訴訟と関連することが多く、受任することがございます。
基本的には、特許審判の着手金につきましては50万円~100万円、商標審判の着手金につきましては、30万円~80万円としております。口頭審理についてのみの出頭・助言のみをすることもございます。この場合には、20万円~となっております。いずれも事務所単位であり、事務所が指定した弁護士(複数の場合も)による場合です。 

PageTop