03-3568-8410受付時間:平日9:30〜18:00

OUR TEAM弁護士紹介

木村 剛大
弁護士・ニューヨーク州弁護士・ワシントンDC弁護士(パートナー)

木村 剛大

KODAI KIMURA
知的財産権を主な取り扱い分野とし、現在は知財訴訟に加えてアート(Art Law)、エンターテインメント(特に音楽)分野の契約、法律相談、紛争案件を多く取り扱っています。

また、英文契約の作成、レビューも得意分野のひとつです。複雑な案件や現地の規制が関係する案件では、ニューヨークへの留学、シンガポールでの海外勤務、様々な国際会議への参加を通じて培った海外の法律家との広いネットワークを活用し、必要に応じて現地弁護士と協働して対応することもできます。

ライフワークとして取り組むArt Law分野では、アーティスト、アートギャラリー、アート系スタートアップ、美術館、キュレーター、アートコンサルタント、コレクター、パブリックアート・コンサルタント会社、アートメディア、アートプロジェクトに関わる各種企業にアドバイスを提供するとともに、ウェブ版美術手帖、広告(博報堂)、Forbes JAPANなどのメディアに記事を寄稿し、「Art Lawを日本へ」を掲げて活動を続けています。

経歴

2005年03月  慶応義塾大学法学部法律学科卒業
2007年09月  弁護士登録(60期)
2007年09月  ユアサハラ法律特許事務所(~2017年07月)
2013年05月  ベンジャミン・N・カルドーゾ・スクール・オブ・ロー卒業(法学修士、知的財産法専攻)
2013年05月  クリスティーズ・エデュケーション・ニューヨーク アート・ビジネス・コース修了(Certificate in Art Business)
2013年02月  ダンジガー・ダンジガー・ムーロー法律事務所(ニューヨーク)リーガルインターン(~2013年05月)
2013年08月  ケルビン・チア・パートナーシップ法律事務所(シンガポール)勤務(~2014年09月)
2015年07月  IPアカデミー・シンガポール国立大学法学部 知的財産法準修士課程修了(Graduate Certificate in Intellectual Property Law)
2015年04月  九州大学大学院芸術工学研究院 非常勤講師(「コンテンツ知的財産論Ⅱ」共同担当)(〜2022年03月)
2015年06月  シンガポール国際商事裁判所外国法弁護士登録(~2020年08月)
2015年11月  ニューヨーク州弁護士登録
2016年03月  フレッド・カン法律事務所(香港)日弁連・香港律師会インターンシッププログラムによる派遣(~2016年03月)
2016年11月  ユニバーサル ミュージック合同会社(リーガル・アンド・ビジネス・アフェアーズ本部)非常勤嘱託弁護士
2017年08月  小林・弓削田法律事務所入所
2019年09月  インスティチュート・オブ・アート・アンド・ロー(英国)Art Lawコース修了(Diploma in Art Law)
2020年07月  スタートバーン株式会社リーガル・アドバイザー
2022年03月  ワシントンDC弁護士登録

著作等

・「シリーズ:アートと法の基礎知識–パブリック・ドメインとなった作品は誰のもの?著作権消滅後の作品の権利関係を解説」ウェブ版美術手帖(2022年10月30日)
・「シリーズ:アートと法の基礎知識–バナナをテープで壁に貼り付けた作品を独占できるのか?著作権法の『似ている』と『似ていない』を消化する」ウェブ版美術手帖(2022年9月24日)
・「シリーズ:アートと法の基礎知識–作品年代表記がなぜ争いに?原口典之カタログ・レゾネ事件」ウェブ版美術手帖(2022年6月5日)
・「History of Design and Design Law: An International and Interdisciplinary Perspective」(Springer, Singapore、2022)(共著)
・「ヨーコ・オノも。ウクライナ支援のプロジェクト、アート界から続々」Forbes JAPAN(2022年3月25日)
・「シリーズ:アートと法の基礎知識–『タコの滑り台』は著作物なのか?機能のある実用品のデザインの著作権を考える」ウェブ版美術手帖(2022年2月20日)
・「こんなNFTアートがおもしろい。弁護士の私が昨年買ったものは?」Forbes JAPAN(2022年1月26日)
「シリーズ:アートと法の基礎知識–プロでも見抜けない!?買った作品が贋作だったらいったいどうなるの?」ウェブ版美術手帖(2021年11月8日)
・「アーティストたちによるNFTアートにおけるルール設計の試み」美術手帖(2021年12月号)特集「NFTアート」ってなんなんだ?!112頁(2021年11月6日)
・「フィジカルアートとの比較から考えるNFTアートの特徴と法律的課題」美術手帖(2021年12月号)特集「NFTアート」ってなんなんだ?!86頁(2021年11月6日)
「シリーズ:アートと法の基礎知識–NFTの産物。アーティストたちによるクリエイティブなルール設計の試み」ウェブ版美術手帖(2021年7月31日)
「シリーズ:アートと法の基礎知識–アートの概念的改変。アーティストの同一性保持権はどこまで及ぶのか?」ウェブ版美術手帖(2021年6月16日)
「注目を集めるNFTアート。新たなマーケットに求められるルールの明確化」ウェブ版美術手帖(2021年5月3日)
「シリーズ:アートと法の基礎知識–アートの物理的改変。所有権と著作権が交錯するとき」ウェブ版美術手帖(2021年3月7日)
「シリーズ:アートと法の基礎知識–コレクターのお作法。買った作品を展示しよう!でもそれってOK?」ウェブ版美術手帖(2021年2月14日)
「『アイデア』と『表現』の狭間をたゆたう金魚かな。金魚電話ボックス事件大阪高裁判決の思考を追う」ウェブ版美術手帖(2021年1月18日)
「メガブームの陰に海賊版との闘いあり。悪夢の連鎖は断ち斬れるのか?」Forbes JAPAN(2021年1月11日)
「Japanese Design Law and Practice」(Wolters Kluwer、2020)(共著)
「追及権の現在と未来」アウラ現代藝術振興財団(2020年11月28日)
「知っておきたい写真著作権 『似ている』と『侵害』の距離」Forbes JAPAN(2020年11月19日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – 裁判所はどのように契約書を解釈したのか?千住博事件東京地裁判決を読み解く」ウェブ版美術手帖(2020年10月24日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – 日本の文化政策に最適なモデルとは?世界の現状から考える」 ウェブ版美術手帖(2020年8月23日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – 日本にはない『追及権』とは何か?その仕組みと重要性」 ウェブ版美術手帖(2020年6月14日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – ダミアン・ハースト『スポット・ペインティング』を分離、別作品として販売。リーガルの視点から眺めると?」 ウェブ版美術手帖(2020年5月9日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – ニューヨークのアートロイヤー、チャールズ・ダンジガーに聞く。コレクターが直面する法律問題とは?」ウェブ版美術手帖(2020年4月19日)
・「現代美術とフェア・ユース-アプロプリエーションと向き合う著作権法-広告Vol. 414 特集:著作(博報堂、2020年3月)
「シリーズ:アートと法/Art Law – じつは複雑なアートオークションの仕組み。『シャンデリア』の下の秘密とは?」ウェブ版美術手帖(2020年3月7日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – 意外と知らない?パブリック・アートの利用ルール」ウェブ版美術手帖(2020年1月22日)
「シリーズ:アートと法/Art Law – アーティスト必見。知っておきたい契約の基礎知識」ウェブ版美術手帖(2019年12月29日)
「シリーズ:アートと法/Art Law - 合法と違法の線引はどこに?現代美術のアプロプリエーション」ウェブ版美術手帖(2019年12月22日)
「シリーズ:アートと法/Art Law - 現代美術のオリジナリティとは何か?著作権法から見た『レディメイド』(2)」ウェブ版美術手帖(2019年9月23日)
「シリーズ:アートと法/Art Law - 現代美術のオリジナリティとは何か?著作権法から見た『レディメイド』(1)」ウェブ版美術手帖(2019年7月6日)
「台湾知的財産制度の現地調査の概要報告(日弁連知的財産センター・弁護士知財ネット合同調査)」知財ぷりずむ2019年1月号(No. 196)43頁(共著)
「任天堂『マリオカート裁判とネットで大拡散したクッパ姫』を読み解く」現代ビジネス(講談社)2018年12月4日
「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」(ボーンデジタル、2018)(共著、法律監修)
「東大絵画廃棄と金魚電話ボックス撤去から考える『アートと法律の関係』」現代ビジネス(講談社)2018年6月16日
「ベトナム知的財産制度の現地調査の概要報告(日弁連知的財産センター・弁護士知財ネット合同調査)」知財ぷりずむ2018年2月号(No. 185)1頁(共著)
・サラ・バースタイン「米国の意匠特許制度への標準的批判」デザイン学研究特集25巻2号(通巻98号)(2017)84頁(翻訳)
「Falling in Love in a Foreign Country」Lexology, Globe Business Media Group, April 5, 2017
「シンガポール知的財産制度の現地調査の概要報告(日弁連知的財産センター・弁護士知財ネット合同調査)」知財ぷりずむ2017年1月号(No.172)1頁(共著)
「シンガポールにおける製品デザインの保護−意匠登録のインセンティブを付与するモデル−」麻生典=クリストフ・ラーデマッハ編『デザイン保護法制の現状と課題〜法学と創作の視点から〜』(日本評論社、2016)167頁
「幼児用椅子TRIPP TRAPPは果たして著作物なのか−『美術の範囲』の解釈の深化を目指して−」パテント69巻7号(2016)94頁
「Smaller World」Center for Art Law, March 30, 2016
「MINE, YOURS OR OURS? - cutting edge copyright issue for hairdresser & photographer」Lexology, Globe Business Media Group, March 10, 2016
「An Old Fashioned Arch」Lexology, Globe Business Media Group, January 15, 2016
「Is This Just a Chair or Not?」Lexology, Globe Business Media Group, July 9, 2015
・「実務・タイ法入門(全14回)」LEXIS AS ONE Business Issues (共著、2015年6月-2016年7月)
「米国著作権法における写真著作物の実質的類似性-Harney v. Sony Pictures TV, Inc.-」国際商事法務43巻6号(2015)930頁
・「真正商品の並行輸入に寛容なシンガポールの知的財産法制」特許ニュース13885号(2015)1頁
「シンガポール知的財産法への招待〜日本法との比較の視点から〜」特技懇 275号(2014)34頁
「東南アジアのハブ、シンガポールのリアリティ」アグロスパシア、2014年1月−10月(全8回の連載)
「シンガポール個人情報保護法の全面施行を迎えて〜日系企業の留意点を中心に〜」アジアエックス Vol.263(2014)
「オーチャードを歩きながら語るシンガポールでのブランド保護」アジアエックス Vol.259(2014)
「シンガポールの消費者保護法・レモンロー」アジアエックス Vol.251(2014)
「産業デザインに対するシンガポール著作権法のアプローチ」アジアエックス Vol.243(2013)
「コーダイ&チャールズの日米ファッション法最前線(上)日本にあって米国にないアパレルデザイン保護法制‐ジョバーニのドレスは著作物?」繊研新聞(2013年11月14日号)
「コーダイ&チャールズの日米ファッション法最前線(中)ネットショッピングモールでの模倣品販売‐楽天、イーベイに責任問えるか?」繊研新聞(2013年11月15日号)
「コーダイ&チャールズの日米ファッション法最前線(下)単色の独占は保護できるか‐ルブタンのレッドソールは?」繊研新聞(2013年11月18日号)
「YouTubeはセーフ・ハーバーに辿り着けるのかーViacom v. YouTube著作権侵害訴訟控訴審判決」国際商事法務40巻9号(2012)1438頁
「ワイルドフラワー・ワークスによって問われる著作者性要件と固定性要件の意義―Chapman Kelley v. Chicago Park District―」国際商事法務39巻10号(2011)1512頁
「The Catcher in the Ryeの続編小説が紡ぎ出す一時的差止命令の基準とパロディを理由とするフェア・ユースの限界―Salinger v. Colting―」国際商事法務38巻10号(2010)1454頁
「デジタル時代におけるフェア・ユース規定の機能~盗用防止サービス『Turnitin』を巡って~」国際商事法務37巻12号(2009)1692頁
「従業員発明に関する権利の譲渡条項への適用法と当該譲渡条項の解釈~米国連邦巡回区控訴裁判所(CAFC) DDB TECHNOLOGIES, L.L.C., v. MLB ADVANCED MEDIA, L.P.判決~」国際商事法務37巻2号(2009)242頁
知的財産実務研究会編『Q&A 知的財産トラブル予防・対応の実務』(新日本法規、2006)(共著)

講演

・「トラブルを防ぐ!クリエイターと発注者のための著作権と契約の基礎2022年版」(MdNの教室MdN × Bau-ya、オンライン)/2022年08月
・「バンクシーは何を変えたのか」(NHK文化センター浜松教室、オンライン(講師:鈴木沓子))(ゲスト講師)/2022年03月
・「美術館におけるオンラインプログラム/アーカイブ映像に関する著作権」(横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)専門人材研修)/2022年02月
・「知財に関わる新領域:話題のNFTを学ぶ~特許技術・ビジネス・法律の観点から~」(日本弁理士会研修所、オンライン)/2021年12月
・「トラブルを防ぐ!クリエイターと発注者のための著作権と契約の基礎」(MdNの教室MdN × Bau-ya、オンライン)/2021年05月
・「アーティスト必見。知っておきたいアーティストの権利と契約の基礎知識」(小林・弓削田法律事務所、スタートバーン株式会社、弁護士法人One Asia アジアアート&リーガルプラクティスチーム共催、オンライン)/2020年10月
・「新しい世界の切り開き方−Art Lawを日本へ」(コモンズサカエ大学主催、名古屋)/2019年07月
・「ウェブクリエイターのための著作権と契約のポイント」(コンテンツドットナゴヤ2019、名古屋)/2019年07月
・「東南アジアにおける職務発明対応とリードカウンセルの役割」(瀧野国際特許事務所主催、東京)/2019年06月
・「パブリックアートとリーガルの視点」(企業内研修、東京)/2019年03月
・「知財紛争対応のケーススタディ」(企業内研修、東京)/2019年01月
・「クリエイターのための権利の話」(ボーンデジタル主催、東京)/2018年10月
・「【Art Lawセミナー】アート×テクノロジー:新たな表現と変容する法の枠組み」(小林・弓削田法律事務所、東京)/2018年03月
・「アートマネジメントのための著作権の基礎知識」(青山学院大学、東京)/2016年08月
・「東南アジアにおける職務発明対応の実務」(企業内研修、東京)/2016年02月
・「共同研究開発契約の基礎~成果の帰属を中心に~」(企業内研修、東京)/2014年11月
・「ASEANの労働法制比較と実務対応の勘所」(日本アセアンセンター主催、東京)/2014年08月
・「インドネシア法務最新マップ~投資法制と事業展開時の法的留意点について~」(日刊工業新聞社主催、東京)/2014年07月
・「ASEAN進出セミナー2014~シンガポール、ベトナム、インドネシア法務最新情報」(ユアサハラ法律特許事務所・ケルビン・チア・パートナーシップ法律事務所共催、東京)/2014年07月
・「アセアン進出法務の現在~シンガポール、ベトナム、インドネシア編~」(弁護士知財ネット九州・沖縄地域会主催、福岡)/2014年07月
・「シンガポール民事訴訟セミナー~隙のない訴訟対応のために知っておくべき基本的制度と実務上のポイント~」(ケルビン・チア・パートナーシップ法律事務所主催、シンガポール)/2014年03月
・「日系企業の東南アジア進出・事業展開と法的リスクマネジメントの実例~シンガポールとベトナムにおける労働問題から知財紛争まで~」(内閣府沖縄総合事務局・特許庁主催、沖縄)/2014年02月
・「シンガポール雇用法セミナー」(企業内研修、シンガポール)/2013年12月

メディア

・インタビュー掲載「市原えつこ連載『アーティストのサバイバル術』:木村剛大弁護士に聞く、即戦力で使える法知識」ウェブ版美術手帖(2022年8月13日)
・インタビュー掲載「クリエイターエコノミーが注目される今だからこそ、おさえておくべき著作権の基礎知識」BUSINESS CLASS(2022年5月12日)
・コメント掲載「船越英一郎の恋人女優・松下萌子に著作権侵害疑惑を聞くと、HPが閲覧不可に」週刊文春(2022年1月20日号)
・コメント掲載「広島空港のモニュメント移設検討、駐車場建設の余波 美術関係者ら残念がる声」中国新聞朝刊(2021年12月12日)
・コメント掲載「奔流デジタル 『本物』お墨付き 暴騰するアート」読売新聞朝刊(2021年12月7日)
・コメント掲載「余白に『エディションナンバー』番号、作品を守る 偽版画事件」読売新聞朝刊(2021年10月21日)
・コメント掲載 「バンクシーから作家不在の“非公式シリーズ“を考える。『じつは作家本人が展覧会に関与する権利はない』」ウェブ版美術手帖(2021年9月21日)
・対談掲載「NFTアートで芸術家は自由を手にした?アーティストと弁護士が語る、アート業界の天変地異。」BRUTUS (ブルータス)No.941(2021年7月1日号)108-109頁
・コメント掲載「偽りの版画(下)『偽作かも』しぼむ市場 不正防止 額にICタグ」読売新聞朝刊(2021年5月24日)
・コメント掲載「アートコレクターの法的お作法」SIGNATURE(シグネチャー)2021年6月号(2021年5月1日)34頁
・インタビュー掲載「変わりゆくアートの時代の、知財・知財権のかたちとは?」『ちまたのちざい』知財学習推進プロジェクト/一般財団法人たんぽぽの家(2021年3月20日)
・コメント掲載「篠原有司男作品と酷似。『SHIBUYA BOXING ART』の顛末を追う」ウェブ版美術手帖(2021年2月6日)
・記事引用「As Givenchy Campaign Stars Style Themselves, Questions of Authorship and Ownership Abound」THE FASHION LAW (2021年2月3日)
・コメント掲載「Blockchain x Art: More Tech Start-Ups Disrupting The Art Market」Art & Counsel(2021年1月8日)
・コメント掲載「著作権法改正。あなたの『ネット配信』にはどう影響する?」Forbes JAPAN(2020年11月13日)
・記事引用「悪魔のしるし『搬入プロジェクト』のオープン化に関するインタビュー前半」AMeeT(2018年8月29日)
・記事引用「アートのクリエイティビティと類似性」ARTLOGUE(2018年5月3日)
・記事引用「Using Copyright as Leverage, Japan Sports Council Refuges to Pay Zaha Hadid」Clancco(2016年1月20日)
・インタビュー掲載「『Art Law』を日本へ」溜まり場(2013年6月18日)
・TVコメント「アートの街あくね事業について」TBS Nスタ(2011年1月7日)

法律監修

「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」(ボーンデジタル、2018)(共著、法律監修)
「Creema Handmade Style Book」(主婦と生活社、2018)(「ハンドメイド作家のためのBASIC著作権講座」ページ法律監修)

所属団体等

・第一東京弁護士会
・著作権法学会
・東南アジア知財ネットワーク
・科学研究費助成事業(基盤研究(B))「デザイン保護の世界的な統一を目指して-創作実態と法的保護の調和-」研究協力者(シンガポール法担当)(2014年04月~2017年03月)
・独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)国際化支援アドバイザー(2015年04月~2020年03月)
・弁護士知財ネット(2015年07月~)
・弁護士知財ネット国際チーム事務局(2019年07月〜)
・ベンジャミン・N・カルドーゾ・スクール・オブ・ロー日本同窓会 共同代表(2015年08月~)
・環太平洋法曹協会(IPBA)(2015年10月~)
・Hong Kong International Arbitration Centre (HKIAC) HK45(2015年12月~)
・Singapore International Arbitration Centre (SIAC) YSIAC(2015年12月~)
・一般社団法人発明推進協会 模倣被害対策アドバイザー(2016年04月~2017年03月)
・科学研究費助成事業(基盤研究(B))「デザイン保護法制の国際的調和-創作実態を踏まえた世界的なデザイン保護のあり方-」研究協力者(2017年04月~2021年03月)
・中小企業庁 経営革新等支援機関(2017年04月~)
・第一東京弁護士会 弁護士業務改革委員会(国際関係部会)委員(2017年04月~)
・日本弁護士連合会 中小企業海外展開支援事業担当弁護士(2017年06月~)
・日本文化政策学会会員(2017年07月~)
・第一東京弁護士会 国際交流委員会委員(2018年04月~)
・The International Art Market Studies Association (TIAMSA)メンバー(2019年08月〜2021年08月)
・特許庁知財アクセラレーションプログラムIP Acceleration program for Startups (IPAS)登録専門家(2019年度~)
・日本プロ野球選手会公認選手代理人(2020年02月~2022年09月)
・Forbes JAPANオフィシャルコラムニスト(2020年11月〜)
・紀南アートウィーク実行委員会監事(2021年、2022年)
・科学研究費助成事業(基盤研究(B))「人工知能(AI)によるデザイン創作と法的保護-デザイン概念の変化も含めて-」研究協力者(2021年04月~2025年03月)

ウェブサイト | SNS

・ウェブサイト:Art Law World
・Twitter:@KimuraKodai
・Linkedin: Kodai Kimura
・NFT: Kodai Kimura Collection Tezos
・NFT: Kodai Kimura Collection Eth

受賞

2021年02月 ベンジャミン・N・カルドーゾ・スクール・オブ・ローより#CardozoLeader(ファッション、アート、メディア、エンターテインメントロー分野)として選出
2012年02月 ベンジャミン・N・カルドーゾ・スクール・オブ・ローよりDean’s Merit Scholarship授与

執筆ブログ

  • Art Law
  • エンターテインメント法
  • その他の知的財産関連業務
  • 一般企業法務

契約書ドラフティングとPlain Japanese(平易な日本語)~「ものとする。」の呪縛を解き放つ!~

  • 弁護士/木村 剛大
2022.09.01 Thu
  • Art Law

Art Lawを学ぼう!オススメ教育機関3選

  • 弁護士/木村 剛大
2022.03.24 Thu
  • Art Law
  • エンターテインメント法
  • 著作権法

追及権の思想とNFTのロイヤルティ

  • 弁護士/木村 剛大
2021.12.16 Thu
  • Art Law
  • エンターテインメント法
  • 著作権法

活用が進むNFTとルール設計

  • 弁護士/木村 剛大
2021.09.09 Thu
  • Art Law

知っておきたいアート作品の売却と税制

  • 弁護士/木村 剛大
2021.06.03 Thu

お知らせ

メールフォームでのご相談・お問い合わせ